Instagram@nmodevictoria
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 by Arianna Castillo​. Proudly created with Wix.com

Noriko Gaube

ゴーブ典子
ファッションプロデューサー

小学校一年生の「わたしのゆめ」で発表した夢は、「ファッションデザイナーになる」でした。

 

この夢は、いつの間にか私の記憶から消え去り、2017年にファッションスタイリストとして起業するまでは思い出すことはありませんでした。

その時、34歳の私はそのゆめを語った7歳の私を抱きしめたくなりました。



沖縄の血を引き、大阪に産まれ、そしてフランス人の夫と黒猫クマとカナダ・ビクトリア暮らし。

Norikoのスタイリングを受けると、自信がつくだけではなく、仕事運や恋愛運が上がるなど、

運命が加速すると定評がある。

 

いつしか、それは魅力を最大限に引き出してくれるファッション、

 

『のりコーデ』と呼ばれるようになる。

子供の頃から、おしゃれが大好き!

だけど、特にファッション業界で活動していたわけではありません。

そんな私が、海外で、スタイリストとして起業するようになるまでのプチストーリー。

よろしければ、どうぞおつきあいください。

 

幼少期【憧れは、フルハウスの世界】

 

今思えば、幼い頃から海外への憧れが強かった私です。

小学生の時、アメリカドラマ「フルハウス」を初めて観て、衝撃を受け、何とも言えぬ興奮を覚えました。

 

『アメリカの女の子たちって、めっちゃお洒落~!可愛い~!わたしもこんな風になりたい!』

『開放的な階段、広いキッチン。何、この大きい家は~!?いつか、こんなお家に住んでみたい!』

『犬までお洒落やし!外国ってかっこいい~!いつかこんな生活がしたい!』

 

子供の頃から、お洒落で洗練されていて、可愛いものが大好きだった私にとって、「フルハウス」の世界はまさに大好物。

 

そこが私の「いつか海外で暮らしたい」という夢の始まりでした。

 

後に、大好きな海外ドラマは「フルハウス」から「Sex and the City」に変わるのですが…。

 

「いつか海外で暮らしたい」

 

そんな夢をずっと抱いたまま、大人に。

 

 

おしゃれ迷子OL期【THE自分軸ゼロ】

 

自分で稼いだお金で大好きな服を買える喜びはあったものの、
流行や、周りの友達や、同僚のファッションが気になって、流されて。
完全に「おしゃれ迷子」に陥るわけです。

 

「おしゃれ迷子になった理由?」

 

それは、ズバリ!自分への自信のなさでした。

 

小さい頃から、私は自分の容姿が嫌い。

コンプレックスの塊だったのです。

 

いわゆる自分軸がブレブレ状態だったから、

着たい服は、雑誌を見る度、街行く可愛い人や、友達のファッションを見る度に揺らぎました。

甘ったれ女の海外渡航期【涙の体当たりアドベンチャー】

 

「おしゃれ迷子」

「自分軸ゼロ」

 

な私でしたが、「いつか海外で暮らす!」という夢を叶えるために、

ちまちまと行動はしていました。

 

4人家族、甘やかされて育った、歳の離れた末っ子。

肝っ玉がちっさかった25歳の私が、

あるのかないのかも分からない勇気を振り絞って、降り立った先は、

 

カナダは西海岸に位置する、ほぼ四国と同サイズの島ビクトリア。

 

 

『ワーキングホリデー in カナダ』

 

一世一大!心臓ドキドキ☆アドベンチャーのはじまりです!

 

 

英語は大好きだったものの、大の勉強嫌い。

短大では英語を専攻するものの、ギリギリの成績。

 

ぬるま湯環境で育った甘ったれ女。

 

カタコトの英語で一人、降り立ったカナダ・ビクトリアにて、

度胸も根性も薄ぺらっぺら。

 

お得意の自信のなさや、コンプレックスが壁となり、

英語習得&上達を大幅に妨げました。

 

そんな私も、意気込みだけは一丁前。

 

「せっかく海外に来たんだから、一年しかないんだから!」

 

頑なに、『カナダ企業+完全英語環境』で働くことを希望。

 

意気込んだ介あり、

 

某カナダ・アパレルブランドのショップ店員として、憧れの海外生活のスタートを切りました!

 

今思えば、あんな英語力でほんまによく雇ってくれたな、意地悪店長さん。

 

 

そんな頃、後に夫となるフランスガイとルームメイトとして出会います。

 

すでに英語が堪能だった彼との国際恋愛が始まるのです。

 

キャー!

シャイ女の海外順応期【おフランスロマンス in カナダ】

 

内弁慶でカタコト英語のシャイ女の私を、フランスガイはたくさんの社交場に連れて行ってくれました。

 

友達との飲み会、パーティー、映画ナイト、親戚との集まり、グループ旅行、等々のイベント。

 

リアルネイティブ英会話に付いていけなくて、ちんぷんかんぷん。

自分一人だけ英語が話せない恥ずかしさと、変なプライドから、毎回イベント終了後は悔し泣き。

 

「なんで、カナダに来て半年も経つのに、全然英語喋られへんのやろ。」

「下手な英語、笑われて悔しい!日本に帰りたいよ~!」

「明日の朝起きたら、急に英語喋れるようになってへんかな。」

 

 

それでも、負けん気だけは強かったぬるま湯育ち、26歳(になっておりました)。

 

「英語ペラペラになって、バカにした奴ら見返したんねん!」


「リアル英語に触れて、触れて、触れまくって、英語を習得するぞ!」

英語に触れるイベントへのお誘いは皆勤賞で参加しました。

 

カナダ人同僚と上手くコミュニケーションが取れなくても、

フランスガイの友達や親戚の会話から置いてきぼりになっても、

おしゃれ迷子になりながらも、

 

いつも揺るがず支えてくれたのは、やはりファッションでした。

 

おしゃれをすることで、崩れ落ちそうな自信を保てたし、

ファッションネタを共通の話題に、現地の友達ができたりするようになりました。

 

そして、フランスガイや、周りの人たちに自分のファッションを褒められるのは嬉しかったです。

 

 

「ファッションってぐろ~ばる!!」

 

 

後に、縁があり、ビクトリアで永住権を獲得。

 

そして、2015年、

フランスガイと夫婦になりました。

 

こちらに住居を構えるようになり、気が付けば英語もいっちょ前に話せるように。

 

ワーホリ&留学生から一住民へ。

 

 

人生底上げスタイリスト誕生期【のりコーデができるまで】

時は経ち、30代。

 

大人の階段を上る。

 

 

カナダで地に足を付けるため、同時に3つの仕事を掛け持ちしたり、

 

念願のカナダ企業でのオフィスワークもこなし、

 

毎日ヘトヘトになりながらも、支えてくれたのは、

フランスガイ、日本の家族、フランスの義家族、友達、

 

そして、やはり、やはりファッションでした。

 

”おしゃれなオフィス着”に身を包んで働くことで、メンタル面でだいぶ救われた。

 

(実際、きちんと”おしゃれオフィス着”を着て出勤した日と、手を抜いたおしゃれで出勤した日では、仕事のはかどり具合が違いました。笑)


『その服いいね~』、『今日も素敵だね~』と同僚に褒められる。

調子に乗る。 自信がつく。

仕事がはかどり、成果も上がる。

最終的には、時給もUP!!

 

 

改めてファッションが持つ力のすごさを感じたのです。

 

 

そう。

 

自分が輝くファッションに身を包む。

 

 

最高のジブンでいることは、自信を持つことへ繋がる。

自分でも想像していなかった以上の力を発揮し、一気に前進できる。

私って思っていたより凄い!さらに自信がつく。

私らしく、人生を歩めばいいんだ。

決めたら、早い。

あとは、運命が勝手に動き出してくれる。

 

 

順調に進んでいた、カナダ移民生活。

 

そんな中、初期流産を二度経験し、心と体のバランスを崩してしまいました。

辛い経験をしたことで、自分がこれからどんな人生を送りたいかと、いま一度考えるきっかけに。

 

悲しみに暮れていた私に、転機が訪れました。

 

ことの始まりは、人生の先輩でもある友人から言われた一言。

 

「のりこちゃんにぴったりのお仕事を見つけたよ!ファッションスタイリストになりなよ!」

 

一瞬で、「やりたい!これが私が今したいことだ!」と思いました!

 

以前から、友達のショッピングに付き合ったり、コーディネートを手伝うのが好きだった私にはぴったり!

 

ようやく、本当にやりたいことを見つけたんです!

 

そこからは行動が早かった私。

 

 

実際に日本でスタイリストとして活躍されている方に連絡を取り、

スカイプにてお話をさせていただく。

 

次に、サービス内容を考えました。

 

モニターを募集して、実際にサービスを体験してもらう。

 

自分でホームページを作ったりと、

 

「スタイリスト」として生きるために、少しずつ準備を整えていきました。

 

 

そして、

 

 

会社勤めを辞めました。

 

 

2017年6月。

 

スタイリストとして、本格的に活動を始めました。

 

お茶会、少人数グループ向けのショッピングツアー、個人向けのショッピングアテンド、クローゼット診断、等々。

 

何をしていても楽しい。

アイディアがどんどん降りてくる。(神様、仏様、ご先祖様ありがとう。)

一つのお仕事を終える度に訪れる達成感。

このお仕事を通じてできたたくさんの、素晴らしいご縁。

そこで生まれた信頼関係。

 

そして、今までに感じたことのない、自信。

 

「あ~、最高に幸せ!」と、今ある全てのものに感謝できる、心の余裕。

 

自分はこれでいいんだという、自分軸の確立。

 

って、いつの間にか夢叶えてるやん、わたし!!

夢とか語るの苦手やから、気付かんかったけど。

 

何よりも、驚いたのが、愛すべきクライアントのみなさまが、どんどん、どんどん、次元上昇していくこと。

 

・のりコーデに着替えたら、仕事運が上がって、収入もアップしました!

・旦那とラブラブになりました!昨夜もね、旦那がね...(以降、内緒の大人の話)。

・自分に自信がついたら、運命が動き始めました!のりこさんってあげまんですね!?

 

そんな素敵な報告をもらえるのが、嬉しくて。

何より、クライアントのみなさまが一層輝く姿を見ることが、幸せで。

 

もっと、たくさんの人にキラキラと輝いてほしい。

あなたにしかない、その魅力に気付いてほしい。

私には見える、あなたのその素晴らしい未来を見てほしい。

 

今日も、輝く女神のために、のりコーデでファッション革命を起こしています。

ドラマ「フルハウス」に憧れていた小学生のわたしへ。

「みてみて。大人になった私は夢を叶えて、毎日楽しく暮らしているよ。」

 

 

そして、

おしゃれ迷子のあなたへ。

大丈夫。

私には、あなたの素晴らしい未来が見えるから。

運命が動き出す。

あなただけの”魅力最大限引き出しファッション”をプロデュースします。

 

 

N Mode Victoria


Noriko Gaube